読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

さっぱりお肉の常備菜(分割レシピのもと)

常備菜というほどではないかもしれませんが、まとめて作っておくと便利です。

 

子どもの習い事の送迎はもちろん、今の季節はキャンプの送迎なども加わり、夏の母は忙しい。

 

腹ベコで帰ってくる子どもたちにささっと出してあげたい。

暑さで食欲がない人も食べやすいのではないでしょうか。

 

 

豚バラ肉(薄切り)はそのまま使うと後から脂が固まって拭い取りたくなるほど。

なので、簡単な処理をしてから使うようにしています。

 

豚バラ肉に塩をふり、保存容器にキッチンペーパーをしいてからのせ、2〜3日冷蔵庫に置いておきます。余分な水分が抜けて、旨味凝縮です。

 

その後、焼酎を入れた湯で脂を落とすようにゆがいてから使っています。(普通のお酒でもよいと思いますが、焼酎の方が、よりさっぱりするような気がして・・・)

 

(茹でたお湯は冷まします。固まった脂(ラード)はカレーやチャーハンの炒め油として使えます。ただし早めに。)

 

脂が多いので、茹でても固くならないところがいいところ。

そのあと、炒め物や煮物に使うようにしています。

 

軽く塩味がついているので、そのままでも美味しいです。

 

常備菜としてはこの茹でた豚バラ肉を梅酢、みりんをからめておきます。

(しょうゆ、酢、みりんの組み合わせでもよい)

 

梅干しで和えておくのもおいしいので、よくやります。

お肉のマリネですね。

f:id:acucina:20150807053106j:plain

 

使う時は室温に戻して(または温めて)からいただきます。

白髪葱をのせてそのままいただくのもおいしいです。

 

 

ざっとアレンジを考えてみると・・・

 

蛇腹きゅうりと和える。

冷やし中華やそうめんにのせる。

茹でたキャベツと和える。ごま油など加えてもいいかな。

カリッとしたフランスパンにレタスと一緒にはさむ。

生春巻きの具にする。

塩キャベツに酢を絡めてから上にのせる。

 

 

なかなか万能です。多めに作っておきましょう。

 

f:id:acucina:20150807052949j:plain

こんな風に湯煎で温めるので、このステンレスの容器が便利なのです。