読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

お米のとぎ汁に感謝。

お米のありがたさにひたすら感謝です。

 

最近はお米のとぎ汁を一日寝かしたもので洗顔、洗髪などしています。

顔は・・・変わっていないじゃん!って言われると嫌なので、特に書きませんが、

髪の毛は乾かした後も手触りなめらかです。

 

昔から、米ぬかで洗顔するといいよ〜って言われていましたが、こういうことか・・・と実感。(米ぬかではないけれど、成分的には一緒ですよね)

 

お風呂にも入浴剤がわりに入れると本当にお湯がまろやかに・・・

香りがほしいときは、アロマオイルを3滴〜5滴ほど追加しています。

ひのきの香りなんて最高!

 

いわゆる入浴剤、もともとそんなに使っていなかったれど、お金を払って買う必要はなくなりました。

 

とぎ汁は一日、置くことで発酵して、酸化還元水になるそうです。おまけに乳酸菌たっぷり。

お米のとぎ汁なのに、ヨーグルトの香りなのです。

 

薄めて使えばお掃除やお庭の水やりにも大変有効。

野菜をつけてから洗ったり(農薬を分解してくれる)、茹でたりに使ってもいいです。

 

いろいろ、研究なさっている方がたくさんいるので、検索していただければもっと丁寧な方法が詳しくのっていますが、私の作り方(おおざっぱ法)は

 

お米はざっと洗って(この水は捨てています)

その後のとぎ汁はペットボトルにためて蓋をして一日おきます。

すっぱい匂いになったら成功。

変な匂いになっていたら失敗ですので捨ててください。

 

ザルやボウルに合成洗剤が残っていたり、農薬が激しく使われているお米だと失敗しやすいとききます。

 

だんだん匂いが強くなって行くので1〜2日で使い切りましょう!ってなっています。

もったいぶらずにどんどん使えばいいのですね。

 

もちろん、怪しいと思ったら捨ててください。そのあたりは自己責任でお願いします。

 

米のとぎ汁発酵水というもの作っていました。砂糖や塩を入れて作るの、流行りましたよね。

 

こちらの方が保存性が高いのでしょう。

しばらく放っておいて、何年ぶりか(!)に思い出して、蓋を空けてみたら、ちゃーんとプシュっと発酵している合図がありました。すごいな〜。乳酸菌。

たまにとぎ汁(乳酸菌のえさ)を追加すると元気が継続するそうです。

 

これは薄めてスプレー容器に入れて、しゅっしゅしています。

どこにでも・・・

 

顔も口の中も部屋にも。

乳酸菌まみれです。人間にとってありがたくない菌やほこりなどもエサにしてくれるらしいので、頼もしいです。

歯磨きの後、これでうがいもします。

 

ちょっとホコリっぽくて目がかゆい!今年の花粉症始まったか?という時は目の周辺に。

これがなかなかよくて。

今のところ、かゆみが治まっています。

 

とぎ汁はそのまま水道に流せば水を汚すと言われていますが、発酵させてから流せば排水溝も徐々にきれいになっていくという話もあり・・・。

 

なんだか不思議だけどありがたいお話です。

 

除菌スプレーは人間にとってよい菌も悪い菌も殺す。→悪い菌だけ残ることもある。

乳酸菌スプレーは悪い菌を食べてくれる。→よい菌が増える。

 

どっちがいいですか?

私は乳酸菌スプレーがいいです。ほぼ、ただですし。

 

自然の力というか、菌の力って本当にすごいですね。

人間の存在の小ささを感じます・・・。