読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

「おせっかい」と「おたがいさま」と

最近、思うことがあります。

 

いろいろな世代の人たちとつながりたい。自然に交流したい。

 

地域の中でもっとお互いに見守れる、気に掛け合える環境があればいいなと思うのです。

 

実家の両親はともに闘病中。会いに行きたくても片道2時間以上かかるので、平日は行かれません。

 

そんなときに、気にかけてくれる人が近くにいるだけでいいのになと思います。

 

ただ、声をかけてくれるだけでいい。存在を気にかけてくれるだけでいいのです。

 

歳をとっていくと、同じ世代同士の場合、さみしいことですが、仲間もだんだんと減っていきます。

 

違う世代と自然につながれる方法・・・

 

地域の中でつながりがあれば、良い意味での「おせっかい」ができ、あたたかい街になると思うのです。

 

「おたがいさま」の気持ちで助け合えたら。

 

世代を超えたお付き合いのできる街になってほしいな。

でも、どうしたらいいのか、さっぱりわからない・・・

  

 

と、思っていたらこんな記事を見つけました。

 

見守りの情報誌「omusubi]

名前も素敵ですね。

 こちらは神戸のお話ですが、各地に広がればいいのになと思います。

 

自分でどうしたらいいのか、わからず、「いいな」で終えてしまうのが、残念なところですが。