読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

白菜キムチ、その後

日々、おいしくなっていきます。

f:id:acucina:20170207171426j:plain

最初は「われこそが〜!」と争っていた食材たちの個性が、時間とともに丸みをおび、落ち着き、仲良しになっていく感じ?

 

よそよそしい感じがなくなってひとつのキムチとなっていく・・・

 

いいないいな。

発酵と熟成。

 

学校のクラスもそんな風になっていったらいいな。文化祭大成功!みたいな感じ。(何の話か?)

 

食べつつ、好みの食べごろ期を探しています。

ただし、見た目以上に辛いです。

下唇につかないように食べないといけません。

 

好みの味に仕上げるのは回数を重ねる必要がありそうです。

本を見れば作り方はわかるはずなのですが・・・

何回か作ってみて、少しだけ、作り方というか、組み立てがわかってきました。

 

これぞ本場のキムチ!みたいなものが食べてみたい。