読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

小さなまな板と料理

最近、小さな木のまな板を使っています。

 

まな板は大きい方がいいとずっと思っていました。

料理の仕事もあるし、基本だよね!と。

 

でも大きいまな板は重い。

乾かすにも場所が必要です。

 

 

まな板をよいしょっと準備してからの料理。

少し、ストレスを感じていました。

 

本当に小さなまな板では料理は作りづらいのだろうか・・・

 

当たり前と思っていたことが案外違うということもあります。

小さなまな板でしばらく料理してみることにしました。

 

小さなまな板では切るのがむずかしいのはどんなときか。

 

  1. キャベツ丸ごと一個を千切りにするとき。
  2. かぼちゃを一個切るとき。
  3. 大きめの魚をおろすとき。

 

思いつくのはこの程度でした。

 

1のキャベツの千切りは切った分をどんどんビニール袋やバットに移していくので問題なし。

 

2に関してはかぼちゃひとつはのる大きさなので、なんとかなりそう。(まだ試していません)普段は1/2や1/4に切ったものを使うことが多いです。

 

3の魚は・・・そんな大きな魚(鰹一本とか)をおろすことはこの先、ほぼないでしょう。もし、そんな場面が来たら、新聞などを広げてやってみようと思います。

 

という訳で今の私の料理では小さなまな板でも問題なし。ということがわかりました。

 

使いやすくするために、バットをセットにして使います。

切ったものをすぐに移動すれば、小さい面積でもいつも全面使えます。

 

いままでは切ったものをまな板の上においたまま・・・ということが多かったのです。

 

この度、私が小さなまな板にしてよかったこと。

  • 風通しの良い場所にほして乾かせる。
  • 軽くて気軽に取り出せる。(例えば、切り忘れた薬味などを切るのに大きいものをだすのは面倒でした)
  • 洗うのも楽。
  • 料理自体に考えが、軽やかに?なった・・・

 

人それぞれだと思うので、あくまでも今の私には・・・ということです。

また、大きなまな板を使いたくなるかも知れませんし。

 

こんな風に暮らしの中のことを見直して、暮らしやすくしていくのが好きです。

f:id:acucina:20160827060123j:plain