読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

ある日の子どもと一緒のお昼ごはん

春休みが近づくと給食もなくなり、12時半を過ぎた頃、お腹をすかした子どもたちがたおれそうになって帰ってきます。

 

「お腹すいた〜。ご飯なあに?」

 

なぜか、特別感を期待している子どもたちに答えようと、この時期だけはお昼ご飯にも気合いを入れて準備しています。

 

この日はキャベツ(または海苔)まきご飯。

具は冷蔵庫の残り物と常備菜。(そんな気合い入ってないか・・・)

キャベツだけは茹でました。(ふりふりのレタスがあれば楽なのですが)

 

白いお皿には、のり、金平ごぼう、チーズ、青菜とマッシュルームの炒めたもの、漬物(きゅうり、のびる、たくあん)、しらす干し

木のお皿には、ヨーグルトカレー(にんじん、玉葱、ピーマン、鶏のひき肉を炒めたところに、カレー粉とヨーグルトいれただけ。これ、おいしい!)、板ずりしたきゅうり、茹でたキャベツ

小鉢はなまり節をオリーブオイルとしょうゆで和えたもの

梅干し。

そしてご飯。

f:id:acucina:20160325124819j:plain

 

好きな組み合わせで好きなだけ。

のり巻きだけだと食べ過ぎてしまうのですが、キャベツのおかげか?胃にもたれることもなく、食べ過ぎることもなく、おいしくいただけました。

 

春休みも始まったし、しばらくはお昼ごはん、楽しんで作ります。