読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

家族と丁寧に接したいと思った本

不覚にも、電車で泣いてしまいました。

 

センセイの鞄 (文春文庫)

センセイの鞄 (文春文庫)

 

 先日読んだこの本。

 

泣くことは予想していなかったので自分でもびっくりです。

 

あまりに心地よく、すらすらと入ってくるお話でした。

そして、読み終わった後の私は、なぜか「家族にもっと優しく話さなくっちゃ」と思っていました。少しの間、私、いつもより優しかったかもしれません。

(約2日でその魔法は解けましたけど・・・)

 

家族についてのお話ではないのですけれどね。

なぜでしょう。

 

ほわっとして、きゅうっとなって、とくとくとく・・・ 

体がそんな風になりましたよ。

 (全くわからないと思いますが)

忘れていた感覚でした。

 

人を好きになったときの体の状態ですかしら??

 

 

これから読む方もいらっしゃると思うので、詳しいことは書きませんが、今の私がこの気持ちになるのは(恋愛はしていないので)、一人暮らしの父に会いにいくとき。

 

会いにいくのはうれしいのに、でも心の奥底ではどうしようもない寂しさを感じている。そして、その気持ちを自分の中で消化し、吸収していく・・・

その繰り返しです。

 

優しくなりたい方、読んでみてくださいね。