読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

コーヒーミルで珈琲時間を。

こちらのコーヒーミル。結婚前に川越で買った物です。

 

f:id:acucina:20150808055732j:plain

そうび木のアトリエ - 人気の木製擦り器の販売/店創り・住宅建築の紹介

つい最近もNHKで取り上げていましたね。

 

実は一度使ったきり、13年もの間、使っていませんでした。

 

初めて使った時はうまく挽けず、あまりに時間がかかったので、実家の棚にしまったままでした。

 

最近、胡麻すり器とともに実家からつれてきました。

 

a-cucina.hatenablog.com

 

というのも、13年間も放っておいた問題ですが、これに答えてくれそうな人が頭に浮かんだから・・・

 

そうです。こういうことは、プロに聞かなきゃ!

 

ということで、親切なコーヒー屋さん、カフェブランコさんに、コーヒーミルを実際に使ってもらい判断していただこうと、数日間預けることにしました。

たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

 

本当に時間かかるものなのか、方法が悪かったのか・・・

 

 

数日後、(いえ、もっとかな数週間後?)お店にコーヒーミルを迎えにいきますと、

「思ったより簡単にできましたよ〜」といううれしいお言葉。

効率よく挽く方法も教えてもらい、コーヒーミル、13年ぶりにお仕事再開の兆しです。

 

カフェブランコさんおすすめのコーヒーを、半分は豆のまま、半分は普通に挽いてもらう(すぐ飲みたい時のために)というわがままな注文をして、うきうきとスキップで(心は)家に帰りました。

 

翌日、試してみました。

コーヒーメジャーで一杯。

カフェブランコさんのの教え通り、最初はつぶすように突き、そのあと、ゴリゴリゴリ・・・

 

うまくいきました!

初回は、二人がかりで10分以上かかっても挽ききれなかったものが、2分程度でほぼ粉の状態になっています。

(うまくいかないといっている方もブログで見かけたので、教えてあげたい。)

最初に突くのがポイントかな〜。

 

これなら少し時間と心に余裕のある時なら、香りを楽しみながら挽けます。

 

挽いている時の香り、もうほんとに幸せです。感謝です!カフェブランコさま・・・

 

ミルで挽くところから始めると、ただの「コーヒータイム」ではなくなります。

それは、「珈琲時間」とよぶべき密度の濃い時間になります。(イメージね)

 

コーヒーのお店の方はこんな香りを何度も楽しんでいるのね・・・と羨ましく思うほど。

 

 

この「珈琲時間」を味わいたい方、遊びにきてくれたら、ゴリゴリゴリ〜と挽かせてあげますわよ。 

 

こんな風に袋も作ってあげました。

f:id:acucina:20150801053925j:plain

 実は、私が昔着ていた麻の服の袖部分。お似合いでしょ。