読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

山椒の実

実家に一本の山椒の木があります。

 

5、6月に採れる青い実を使い、毎年母は、ちりめん山椒を作ってくれました。

大人の味・・・と思っていたら子どもたちも大好きでした。

 

今年はというと、母は体調が悪く、ちりめん山椒を作ることは残念ですが、もう無理でしょう。

 

あの味を引き継ぎたいなと思って実を収穫しようと思ったら・・・

 

収穫が、二番手だったため数粒しか採れず・・・

ちょっと拍子抜けしまいましたが、引き継ぎ手が他にもいたことは少しうれしい。

 

さて、肝心な山椒の実は、ごく少量。

塩漬けにするにも少なすぎる。

どうしようか悩んでいたところ、先日梅もぎにいったかねこふぁ〜むさんで売られていた山椒の実と目が合いました。

www.facebook.com

 

 

うちの「ちりめん山椒」になりたがっている感じをうけとり?実家でとった数粒の実たちと合わせて作ることに決定。

 

f:id:acucina:20150607053823j:plain

まずは山椒を塩漬けにします。

  1. 洗って、小枝を外します。
  2. 塩少々を加えた湯で実が指でつぶせる程度まで茹でます。
  3. ざるにあげて水をかけてさまします。しばらく水をかえながら漬けておくといいそうです。(私は忘れました)
  4. 水気を切って、重さの15%の塩まぶし、ビニール袋に入れ、上から重しをしました。このまま冷蔵庫で保存できます。

ちりめん山椒はあまり柔らかすぎないのが好みなので、短時間で作ることに。

 

  1. ちりめんじゃこ1パック(100g)に大さじ1〜2杯の山椒の実の塩漬けを用意します。
  2. 小鍋にみりん、酒を各大さじ1〜2杯ずつを入れてじゃこをいれます。アルコールを飛ばしながら軽く煮ます。
  3. 山椒の塩漬けを加えて、しょうゆも大さじ1ぐらいかな〜。味を見て好みで・・・f:id:acucina:20150610054440j:plain

舌の上でビリビリする感じが美味しい。

ごはん、進みますね。子どもたちにも大好評!

 

母の味をひとつ、受け継ぐことができました。