読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

手のひらで対話する

先日、闘病中の母のお腹に手を当てて、愉気をしてきました。

(おへそのあたりに手をおき、手のひらから息をはくイメージです。)

お腹に愉気することで、内蔵が整うそうです。

これで、病気が治るわけではないですが、お腹があたたまり、いつもと全然違うと喜んでもらえました。

 

方法は、お腹と手のひらに意識を持ってきて。じーっと手をおいておくだけ。自分でももちろんできます。

 

便秘にも、逆にお腹がゆるいときにもいいです。

 

私も自分で、寝る前にやっていますが、しばらくたつと、腸が大きく動き出します。

そう、妊娠中に赤ちゃんがお腹の中で動くような感じです。

 

そのときは、「治れ〜」なんて命令しません。命令禁止。ただ、お腹と対話する感じ。

 

「近頃どうだい?お疲れ気味かい?」

「そうなんだよ。重たくてねえ・・・食べ過ぎないでくれるかい?」

「そうかい、悪かったね〜。」

(なぜか江戸っ子調な会話←ただのイメージです)

 

手のひらとお腹ではこんな会話をしているはずなんです。便秘薬や整腸剤を飲むより効くのではないかと思っています。

 

子供がどこかにぶつけちゃった時もしばらくじーっとこれをしてあげるといいです。まさに「手当て」ということ。

泣いていても泣きやむこと多し。

何もやらないより、ぶつけたショックがやわらぎます。

子供の鼻づまりにも鼻に手をあててやると通るようになります。

 

お腹に赤ちゃんがいる人も、ゆったり気分のとき、お腹に手をあててみて。ママに話しかけられて、赤ちゃんは寝ていなかったら、必ず反応してくれます。

「なあに?ママー」って。カワイイ♥︎

お腹の中にいるときから、対話していると育てやすい子になりますよ〜。なんせ、生まれる前からママとお話しているんですから。

 

手が冷たい人(過去の私)も、愉気をしているとだんだん手があたたかくなってきます。

愉気について詳しく知りたい人は「きづきかん」にいってみてね。

 からだ教育研究所「きづきかん」

http://www.kiduki-kan.com

このあたたかい手はお金で買えない価値があると思っています。

 

子供の手当てだけでなく、母にやってあげることができて私はすごくうれしいです。