読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

子供の退屈

子育て・自分育て

子供って、すぐに「つまんな〜い」いいませんか。

特に6歳の長男。

 

「何すればいいの〜。やることない。」

 

以前はちょっとその言葉が怖かった。

 

退屈させたら、大変。何か考えてあげなきゃ。

テレビでもみせちゃおうか・・・

今から、夕食の支度しようと思っていたのにどうしよう?

 

 

最近は、こう答えることにしています。

 

「暇なの?なら手伝って。ママ忙しいんだけど。」

 

すると

手伝ってくれることはほとんどなく、

「今、やっぱりやることある!」と返してきます。

 

母を頼れないと悟った息子はいろいろな退屈対策を考え始めます。

 

そんな退屈からこの前、作品が生まれました。

 

2週間ほど前のことです。

退屈の最中、長男は紙袋の持ち手を見つけて、何かひらめいた様子。

 

持ち手を使って、妖怪ウォッチのオロチを作りたいと相談してきました。

 

 

体は何で作ればいいのか?

足はどうやってくっつけるの?

 

少し、アドバイスしてあげると、新聞紙やティッシュ、折り紙などを自分なりに使って、フィギアのようなものを作り始めました。

 

これがそのときの作品。

f:id:acucina:20150219094623j:plain

前髪の感じや、足の具合など・・・

ふむふむ、なかなかいい出来です。

ちなみに持ち手はオロチ(蛇)の顔になります。

 

テレビ見せちゃったら作らなかったでしょうね。

 

退屈は「創造の母」?

 

これからは、母は子供の退屈を恐れません。退屈させていいということを知りましたから。

 

「想像のつばさを広げて」退屈を楽しんでほしいと思います。