読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

地に足をつけたいとき

なんとなく、地に足がついていないなと感じるとき。

自分の居場所が不安定だと感じるとき。

そわそわと心落ち着かないとき。

 

そんなとき、ふと生活を見直すと、私の場合、

みそ汁をきちんと作れていないときだったりします。

忙しくて、外食が増えたり、パン食が増えたり・・・

 

みそ汁。

ご飯は毎日食べるので、欠かさず炊いていますが、みそ汁については、心に余裕がないと省いたり、即席のポタージュ(作り方は最後に。)ですましてみたり。 

 

出汁をきちんととってから、みそ汁を作る。

私にとって、この作業ができるかどうかが、落ち着いた生活ができているかどうかの差・・・なのかな。

 

だから、

 

地に足をつけたい。

 

と感じたら、

鰹節を削って、出汁をとり、みそ汁を作ります。

(出汁は二日分ぐらいはまとめてとりますけど)

 

料理からアプローチするわけです。

 

そして、もう少し余裕が出たら、根菜を入れた煮物を作ります。

根菜は土の中にできますよね。(しっかり地のエネルギーをもってますよね)

そして、さらに時間をかけて煮ることで、私たちに落ち着きを与えてくれる食べ物となるわけです。

(電子レンジや圧力鍋ではなく、時間をかけて煮ることが大切です)

 

食べ物でそんな影響あるの??

と思った方。

ぜひ、一度お試しくださいね。

 

秋から冬にかけて、時間をかけた料理を少しずつ取り入れたいですね。

体も温まるし、落ち着きたい季節でもあるし・・・

そう、煮物しているとお部屋も暖まりますよね。

 

 

おまけのレシピ

(みそ汁がないとき、パンのときの我が家のお助けスープ)

即席ポタージュの作り方

かぼちゃ(煮物、蒸したものの残りなど)

トウモロコシの裏ごしタイプ

豆乳(あれば出汁も加える)で伸ばして、味噌で味付けしたもの

 

これはこれでおいしいです。

カボチャの代わりに肉じゃがのジャガイモ、サツマイモの煮物などでもいいです。