読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

梨に塩!?

「我が家のご馳走」というわけではないのですが・・・

秋の味覚です。

 

夏の終わりから秋にかけて様々な種類の梨が出回りますね。

 

ところで梨好きって男子の方が多い気がしませんか。

私の周り(7人ぐらい。少ない・・・)で統計をとったところ、女子より男子の梨好きが多かったです。

 

話がそれました。

私の実家の裏は梨畑。

幼い頃から、家の近くをトラクターっていうのかな。梨農家の方がそれにのって移動する姿をよくみていました。

 

そして、夏の終わり頃から、裏の畑の方が、毎年出荷できない傷梨をくださるんです。

 

そして、それとは別に梨を買う。親戚にも送る。

この時期のおやつといえば、梨でした。

 

食べ過ぎた?食べ飽きた?

実は私は梨があまり好きではないんです。

 

梨に限らず、最近の果物って甘すぎて。むせることもあるぐらい。(私だけ?)

 

ジャムにした方が食べやすいかな。砂糖は入れません。 塩だけで十分甘さが引き出せますから。

 

で、塩。

ジャムにも塩なんですが、(少量だよ〜。)皮を剥いた梨に、塩ふって食べてみました。(これも少量ね。)

 

「これ、おいしい!」

 

今までの梨に対するイメージが変わりました。

「すいかに塩」の感じです。

 

多分、梨とかすいかって、マクロビオティックでいうと陰性すぎるんです。

食べ過ぎると体冷えちゃうよ〜。風邪引きやすくなっちゃうよ〜。というような。

 

塩で中庸に近づけている。調和させている。

私には「梨に塩」が丁度いい。

 

梨のジャム

いちょう切りにした梨に塩少々をふり、少しおきます。

水分が出てきたら、煮詰めます。

すりおろしもいいかも。

 

私はぶどうのジャムも塩だけで作ります。

甘すぎて、むせてしまう果物であるぶどう。(私は)

半分に切って種は外し、皮ごと煮ました。塩少しして。

 

お塩様、ありがとう。

塩は自然塩でね。