読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

母の鰹節削り器

ずっと欲しかったもののひとつに鰹節削り器があります。

 

買おうかな〜、でも手間がかかるしな〜と買うまでにはいたりませんでした。

 

先日、実家にいったとき、母に買おうかどうか悩んでいると相談すると、「もう使わないからあげるわよ」とのこと。

 

母は料理好きで、まめにいろいろな物を作っていました。

ぬか漬け、味噌作り、らっきょう漬け、ジャム作り。

白菜漬けや沢庵づくり、干し柿などは、父との共同作業で作っています。

 

 

 

 

鰹節も若い頃はほぼ毎日、鰹節削り器を使い、小気味よい音をたててけずっていました。

私も兄も何度か,手伝ったこともあります。鰹節は削って使うものだと思っていました。

 

そんな母も、最近体調を崩してしまい、手のかかる料理はあまり作らなくなったといいます。

 

鰹節も削った物を買ってきて出汁をひくようになっています。

 

母の年齢とともに、お役御免になった鰹節削り器。

私が譲り受けることにしました。

 

この鰹節削り器は、母がお嫁に来るときに、母のお父さんからつくってもらったそうです。

 

つくった。

すごい。

昔の人はいろいろなものを自分たちでつくっていたようですが・・・。たまたま、祖父が器用な人だったのでしょうか。

 

母は「4人姉妹の中でも私だけもらったのよ」とちょっと嬉しそうにいっていました。

 

祖父の想いと、母の想い。

母は、鰹節を削るたびに、実家のことを思い出していたかもしれません。

 

そして、私にとっても、私の実家の思い出のつまったとても大切なものになりました。

 

物にも命があると感じます。とてもいいものをもらいました。