読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

「当たり前」を見直して部屋が広くなりました。

最近、リビングのゴミ箱が変えてみました。 上が燃やすゴミ。下は紙ごみ。 (このケースたちは子どものおもちゃ入れに使っていました。子どもたちも本気でお片づけをしたら入れるもの、なくなりました。ゴミ箱として再就職です。) 中にはそのまま捨てるため…

こじんまりと暮らしたい・・・

3ヶ月ほど前から、何度目かの片付けの大波がきています。 今回のきっかけは防災から。 部屋に中にある過剰なものたちに押しつぶされるのはいやだ〜!と思い、もの減らし作業が続きます。 処分する基準が明確になったので、ほとんど迷いがなくなりました。 …

小さなまな板と料理

最近、小さな木のまな板を使っています。 まな板は大きい方がいいとずっと思っていました。 料理の仕事もあるし、基本だよね!と。 でも大きいまな板は重い。 乾かすにも場所が必要です。 まな板をよいしょっと準備してからの料理。 少し、ストレスを感じて…

「美肌作りのためのレシピ」を作りながらときめいてください。

一ヶ月に2回、新しいレシピが載ります。 今回は美肌作りのためのレシピ。 鶏手羽肉をお米に炊き込んだものと、牛スジを使ったさっぱりおでんです。 どちらも美味しいのでぜひ作ってみてくださいね。 www.my-kaigo.com アンチエイジング・・・ という響きが…

自分にとって必要な量とものを知る

梅干しは今年、10キロ程度作りました。一度には干せないので3回に分けて干しています。 こちらは赤紫蘇を使ったもの こちらは白いままのもの。 梅干し作り。 スタート時(10年ぐらい前)は5キロでした。 ずっと5キロずつ作っていましたが、ワークショップ…

料理の仕事

こんなお仕事をしています。www.my-kaigo.com こちらは一番新しいレシピです。 最近、再び「健康生活を応戦するメニュー」という新しいコーナーにレシピと写真をのせていただいています。 歳を重ねても、元気でいられるためのレシピ。 健康寿命を延ばそう! …

命は続いていました。プランターの野菜

種もまかず、苗も植えていないのに。 生ゴミ堆肥から芽を出したのか、過去に育てた種から育ったのか・・・ 今までで一番の収穫です。 過去に気合いを入れて種から育てたときは、葉ばかり立派に育って実はほとんどとれませんでした。 生ゴミ堆肥の状態が未完…

我が家の救急セット

子どもの頃、救急箱の中を見るのが大好きでした。 いろいろなものが入っていて、「これは何に使うの?」と母に何度も聞いたりして・・・ ですが、今、うちで必要なものって、実は少ない。 左上から時計回りに 鼻づまり用のアロマオイル 薬用カレンデュラエッ…

季節によりそう仕事。梅干し作り

今週の23日(木)、24日(金)とグランタさんで梅干し作りのワークショップを行いました。 glanta.blog.fc2.com 18キロの梅はこんな感じ。 青葉グリーンファームさんの梅です。 青葉グリーンファーム - 青葉グリーンファーム 雨の中での収穫はすぐにか…

季節によりそう仕事。梅干し作り

今週の23日(木)、24日(金)とグランタさんで梅干し作りのワークショップを行いました。 glanta.blog.fc2.com 18キロの梅はこんな感じ。 青葉グリーンファームさんの梅です。 青葉グリーンファーム - 青葉グリーンファーム 雨の中での収穫はすぐにか…

チリモンを知っているかい?

子どもがおもしろい本を借りてきました。 チリメンモンスターをさがせ! 作者: 日下部敬之,きしわだ自然資料館,きしわだ自然友の会 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2009/07 メディア: 大型本 購入: 6人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (9件) を見る …

リサイクルの心もプレゼントにのせて。

ずっとやりたいな〜と思っていたこと。 空き缶の再利用、そして、生ゴミ堆肥をもっと使うこと。 やっと動きました。 まずは、溜め込んでいた空き缶を植木鉢に。 たいした作業ではないのに、先延ばしにしていました。 底の部分に釘で穴をいくつかあけて、生ゴ…

乾物を使って非常食を日常食に近づけたい

家にある乾物+缶詰+レトルト米を使ってお昼ご飯を作ってみました。 最低限の水と加熱時間も最小限に・・・という想定です。 見たことはあったけれど、使ったことはなかったので、新聞紙食器も作りました。 リゾット(ホタテ缶、長ネギ、梅干し、切り干し大…

防災。我が家の台所⑵ 冷蔵庫とおまけ

一日一善とともに。 一日一防災でもよいから進めていきたい。 本日は冷蔵庫のこと。 こんな大きなものの下敷きになったら・・・ ということで冷蔵庫の掃除(周りの)をかねて作業開始。 今まではこのような感じ。 突っ張り棒で蒸篭をのせていましたが、年に…

防災。我が家の台所。

大きな地震があったとき、キッチンはとっても危ない場所になるのだとか。 巨大な冷蔵庫が倒れてきたり、食器が飛び出して割れる、出しっぱなしのおおきな鍋が落ちる・・・・ 考えればすぐわかることでした・・・ でも、正直、あまり考えていなかった。 うち…

梅干しづくり、気になっている方はぜひ!

結婚してから始めた梅干しづくり。 といっても、心に余裕がなくてお休みした年もあったり、干す作業がずーっと後になったり・・・ そんな気まぐれに作ってきた私ですが、6月が近づくとそわそわ・・・ 今年はどうしようかな〜。何キロ漬けようかな〜と計画を…

晴れた日は干し野菜を作ろう

お天気が続きます。 こんな日はお日様の力を借りて干しましょう。 昨日はにんじん、葱の青い部分を干しました。 始めはこんな感じ。にんじん1本、ねぎの3本分ぐらい。 朝干して、3時頃にはほぼ乾いています。 干すと旨味が凝縮されるから、いい出汁がでる…

おすすめの本です。

この本は買ってよかった。 クロワッサン特別編集 女性目線で徹底的に考えた 防災BOOK (マガジンハウスムック) 作者: マガジンハウス 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2016/03/10 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 気になってはいるけど…

ひと手間かけるだけあった枝豆ごはん

グリンピースの豆ご飯美味しいですが、楽しめる期間が短い。 枝豆ごはんも美味しいので、ぜひ。 2合分で作りました。 米 2合(うちのは5分搗き米)・・・研がずにそのまま 水 枝豆(さや付き)250g・・・さっと茹でてさやを外す。 塩 小さじ1杯 オリ…

男子が好きな味かもしれない。牛スジ肉

牛肉は高いけれど、美味しくて安い部分がある! それが牛スジ。国産のお高めのお肉でも買える値段であります。 スジというくらいなので、そのままでは固いです。 噛み切れないです。 でも、ただひたすら煮るだけでとろ〜り。そして、コリッという部分もまた…

鰯のソテー丼

魚より、肉の方が調理が簡単! ではありますが、やはり魚はせっせと食べたい食材です。 最近は魚の頻度が増えました。 習慣になると、面倒とも感じなくなります。 そして鰯は安い。 昔に比べれば高くなったのでしょうが、それでも他の魚よりは断然安いですね…

日の出とともに・・・

「ゴールデンウィーク2016」 今年のGW前半は私の実家へ。 子どもたちの大好きな「おじちゃん」(私の兄)に釣りに連れて行ってもらいました。 夜出発して、釣れそうな場所を探してもらい、車中で睡眠をとり・・・ 明け方から釣り開始です。 私も子どもたちも…

楽しいグルテンフリーワールドとダイエットの話

家族の体調のこともあり、グルテンフリーの生活をしています。 小麦粉を抜くというのは、今までの食事がけっこう変わるものだなと思います。 最初はどうなることか・・・と思っていましたが、やってみるとなかなか楽しい。 今まであまり使っていなかった素材…

旬をいただこう。筍バーグ

今の季節、本当に美味しい筍。 いつものハンバーグに筍を使いました。 豚ひき肉(牛が入らないようが筍が合う気がして)、味噌、卵を混ぜた生地に筍を刻んだものと大根菜を茹でて刻んだものをたっぷり。 大根おろしを添えました。 簡単でしょ〜。 豚肉250…

シャキシャキおかひじき

おかひじき、おいしいですよね。 あの、シャキシャキっとした感じ、他にはない歯ごたえです。 カルシウム、マグネシウム、ビタミンKなども含まれていて、骨の形成に役立つなかなか優秀な食材。 お肉や魚をメインにおかひじきをたっぷり食べるといいかも。 山…

引き継ぐっていいね・・・母のぬか床

私が実家から引き継いだもの。 いろいろありますが、ぬか床もそうです。 兄も大阪に持って行っています。 母のぬか床は美味しいと評判でした。 朝晩、かかさずに混ぜていましたから。 50年以上は続いているはずです。 「このぬか床だけは腐らせないでね。…

炒めただけではだせない味。だと思う。

なぜだかわかりませんが、料理っていいな〜と思った二品。 今も分割レシピの素は作っているのです。私の中であまりに普通になりすぎてました。 こちらは小松菜の炒め物。というか、和え物なのかな〜。 炒め和えものというのか・・・ 小松菜は塩とオリーブオ…

栄養を丸ごと・・・蕎麦。

蕎麦。 大好きです。 この漢字もかっこいい・・・ 休日のお昼ご飯。 この写真のおそば、ちょっと違う作り方をしています。それは後半で。 我が家は最近、グルテンフリー(小麦粉抜き)な食事をしているので、 そば粉100%のものを使います。 そばはタンパ…

お日様の力を借りて

ビタミンDはカルシウムの吸収に必要なビタミンなのですが、花粉症やガンの予防にも役立つそうです。 風邪やインフルエンザがはやる季節も意識して摂るとよいそうです。 ビタミンCは前から注目されていたけれど、ビタミンDか〜。 ということで、サプリに頼る…

マンネリ化しているレシピにちょっとアレンジ

普通になりがちな料理にちょっとだけアレンジを。 「厚揚げと青菜の炒め物」に変化がつきます。 にんじんのすりおろしを調味料として加えました。 オリーブオイルで、にんにくのすりおろしをまずいためて、 次に青菜を炒めます。それを端によせて、オイルを…

おかずいらずの「十五目炊き込みご飯」

ときどき炊き込みご飯を作ります。 計量しません。面倒なので。 何でもかんでも入れてしまえ〜!ということで 家にあったものを集めて、14種類ぐらい揃いました。 「五目」という名前ではすまないですね。 左のバット 塩にんじん、レンズ豆、セレベスみた…

気分はベトナムよ・・・

最近、小麦粉を使わないメニューを楽しんでいます。 昨日の夕食はタイビーフンを使って、ベトナムのフォーらしきものを作りました。 特別な材料は家にないけれど、あるもので。 ナンプラーは家にはございません。でも煮干しでしっかり出汁をとれば大丈夫。 …

人参のポタージュ(落ち着きがないな〜と思ったら根菜を)

人参をダンボールで買ってしまい、一生懸命食べる毎日。 (気温があがってくると芽が出てきちゃいますね・・・) そこで、人参のポタージュに。 玉葱、セロリ塩(発酵中)も一緒に蒸し煮にしてフードプロセッサーに。 出汁は煮干し、昆布、鰹で濃いめにとっ…

エゴマたっぷり厚揚げの炒め物

これは厚揚げの炒め物。 今日も、海藻、小魚、ナッツ系を合わせてみました。 ひじき、じゃこ、葱、ピーマン、ショウガ、にんにく、プチプチのえごま。 ごま油で炒めて、醤油とみりんで味付け。 ここに厚揚げを入れました。 地味系だね。と娘。 でもこういう…

夜な夜なゲーム三昧・・・

春休みに入って、子どもたちのゲーム熱はあがってます。 といっても、我が家のゲームはトランプなんですけど。 七並べ、51、ババ抜き、ジジ抜き、神経衰弱・・・ 夕食後のお約束状態になってきてます。 負けても泣かないでよ!と息子に釘をさしてから始め…

ミネラルレシピ

海藻は毎日せっせと食べたい。 健康的に食べているつもりでも、ミネラルは不足しているそうです。 でも、サプリメントではなく、なるべく食事から取り入れたい。 だから、毎日のように、海藻、小魚、ナッツ類など料理に取り入れます。 海藻サラダに、きゅう…

ある日の子どもと一緒のお昼ごはん

春休みが近づくと給食もなくなり、12時半を過ぎた頃、お腹をすかした子どもたちがたおれそうになって帰ってきます。 「お腹すいた〜。ご飯なあに?」 なぜか、特別感を期待している子どもたちに答えようと、この時期だけはお昼ご飯にも気合いを入れて準備…

即席イカめし作りました。

「今が旬です!」というシールを見たら素通りできませんでした。 メニューも決めずに買いました。旬のやりいか。 フライか、トマトで煮るか・・・と考えていましたが、 子どもたちの希望はイカめし。 簡単に仕上げたかったので、炊いたご飯を詰めて、しょう…

心ときめきます。

作りながら思わず撮影。 この色、元気がでる! 素材の美しさに惚れ惚れしてしまいます。 料理としては地味な金平ごぼうですが、存在感あって美しいな〜。 太めに切って歯ごたえも残しました。 歯ごたえといえば。 噛むことって大切ですね。 2月に、小学校の…

基本に戻ってみようと思って。

最近、食事法難民?でした。 いろいろな食べ方を試してみました。 よくもあり、悪くもあり。 どんな食べ方がよくて、何を食べればいいの??? さまよっていました。 よくわからないので、基本に戻ることにしました。 日本に、昔からある食事。 雑穀ごはん・…

パパが子供を叱るとき。我が家の場合

うちのパパは、子供たちと遊ぶ時はとことん遊んでくれるステキなパパだと思います。 よそのお子さんとも積極的に仲良くなろうとするので、本人曰く、「下は3歳から、うえはじいさんまで」友達がいるそうです。 そんな楽しいパパですが、怒る時は怖いのです…

山ぶどうアレコレ

先日、山形の山ぶどうを買おう!というのに混ぜていただき、我が家にも初山ぶどうを届けていただきました。 初めての食材にドキドキ。 お店で売られている果物とは違って、野性的です。 何にしようか・・・ 保存容器などの事情もあり、何種類か作ってみるこ…

キモノで家事を。

着物を生活に取り入れたいなと思っています。 お出かけにに・・・というのだけではなく、毎日の家事に。 襷(たすき)がけや割烹着で家事をする。 こんな暮らしに憧れていまして。フネさんですね。 動きにくいかな?とか、疲れる?など心配はしていました。 …

家族と丁寧に接したいと思った本

不覚にも、電車で泣いてしまいました。 センセイの鞄 (文春文庫) 作者: 川上弘美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/09/03 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (353件) を見る 先日読んだこの本。 泣くことは予想していな…

子供にとっての余計なお世話

先月、長男(小学1年生)の空手の試合があった。 練習中、いつも真面目な彼は一位ではなかったものの、午前の部では銅メダルをとることができた。(少人数なのでね・・・) それでも負けたことが悔しくて私のところにきて泣いた。 実力ではほとんど差のない…

子どもたちの成長をひっぱってくれたりょうりの本。

最近、料理に興味がでてきた長女に、こんな本を借りてみました。 平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん) 作者: 平野レミ,和田率,和田唱 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1992/09/30 メディ…

アルミホイルとグリルで作るホットサンド

先週、『マツコの知らない世界』という番組をたまたま子どもたちと見ていたら・・・ ホットサンドを作っていました。 ホットサンド研究家?の方は家にある、残り物を何でも挟んで作りましょう〜とおっしゃっておりました。 おでん(!)、のり巻き(?)、肉…

「魔女の作業場」におじゃましてきました。

お友達が始めたすてきなお仕事。 ご自宅の一角を 「集会所+ときどき、カフェ」 というスペースに。 今日は、「魔女の作業所」というイベントに参加してきました。 ショートパスタを作り(お持ち帰り)、そのあとは美味しいスコーンのランチタイム。 明るい…

手作りの即席みそ汁

みそ汁が大好きだけど作るのが面倒だという父のために。 食事のときには必ず母はみそ汁を出していました。 そんな生活を長年続けていた父にとって、みそ汁がない食卓は何か、侘しさを感じさせ、食事としても物足りないものでしょう。 自分でもときどき作って…

なまり節のオイル漬け

なまり節。 便利に使っています。 鰹を蒸して生干ししたもの。 一節800〜900円程度だったかな? スーパーやデパートのお魚のコーナーにあります。パックにされているので、日持ちもします。 私はツナの缶詰を買うより、これを使ってツナ缶の豪華タイプ…