読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*スマイルごはん*を始めよう

地球も私たちも笑顔になれるごはんや暮らしのこと

家の近くの家庭文庫

初・取材記事を書きました。たくさんの方の力をお借りして。 取材させていただいたのは家庭文庫です。 家庭文庫って知っていますか? なつかし〜って思う人も、知らないっていう人も読んでみください。 最近、私が本や絵本に熱くなっている理由がここにあり…

「何考えているのかわからない子ども」をよくわかっている本

最近、毎週欠かさず見ている吉本新喜劇もちょっとマンネリ化してきました。 さあ、次のお笑いは何にしようか?というときに、よい本に出会いましたよ。 よい子への道 作者: おかべりか 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1995/10/10 メディア: 単行本 購…

うれしいお誕生日会

昨日は私のお誕生日でした。 昼間、子どもたちがこそこそと何かしているなと思っていたら・・・ こんな企画をたててくれました。 イラスト入り。 りんごとペン、パイナップルとペン・・・ そしてミニオンズ。 歌のプレゼントをもらって、出前のお寿司を堪能…

好きなこと×好きなこと

本・絵本・おはなし × 体に優しいお菓子とお茶 体中の細胞が喜ぶような企画を考え中。 本や絵本は私にとって欠かせないものだし、お菓子作りはもともとは好きだったので、それを一緒にできるって最高!! 本のことはプロの司書さんが担当なので、私はお菓子…

大きくなった子どもにも読み聞かせ

子どもたちには、たくさんの本を読んでほしいと思っています。 そこで、小さく私が続けていること。 図書館などから借りてきて本を置いておくこと 自分もいつも本を持ち歩くこと 寝る前に読み聞かせをすること(毎日はむずかしいので、読めるときには) ひと…

子どもが主役の絵本を作ろう。

子どもたちが小さな頃の写真を使って、よく絵本(みたいなもの)を作りました。 自分たちが主役なので、とっても喜んでくれて、何度も何度も読んで!と言われること間違いなし。 写真を切り取ってぺたぺた貼って。 これは「はるちゃんトイレ」という絵本のお…

「へろへろ」という本

本は友達。 なので、読み始めたらどこでも連れて行きたいけれど、この本は電車で読むのは危険です。 へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々 作者: 鹿子裕文,装画:奥村門土(モンドくん),AD:寄藤文平+鈴木千佳子 出版社/メーカー: ナナロク社 …

おすすめの本です。

この本は買ってよかった。 クロワッサン特別編集 女性目線で徹底的に考えた 防災BOOK (マガジンハウスムック) 作者: マガジンハウス 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2016/03/10 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 気になってはいるけど…

家族と丁寧に接したいと思った本

不覚にも、電車で泣いてしまいました。 センセイの鞄 (文春文庫) 作者: 川上弘美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2004/09/03 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 56回 この商品を含むブログ (353件) を見る 先日読んだこの本。 泣くことは予想していな…

子どもたちの成長をひっぱってくれたりょうりの本。

最近、料理に興味がでてきた長女に、こんな本を借りてみました。 平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん) 作者: 平野レミ,和田率,和田唱 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1992/09/30 メディ…